阪和道リニューアルプロジェクト工事情報阪和道リニューアルプロジェクトピクト

交通状況表示

  • 通常

  • 混雑

  • 渋滞

阪和道リニューアルプロジェクト工事情報 阪和道リニューアルプロジェクトピクト

{{date}}

LIVE

{{time}}

  • 幅員減少規制

    和歌山北IC 〜 和歌山南SIC

    • 上り線:

    • 下り線:

最新NEWS

{{formatDate(news[0].post_date, 'YYYY-MM-DD HH:mm:ss', 'YYYY年MM月DD日')}}{{news[0].post_title}}

朝夕混雑を避けた
ご利用をお願いします。

十分な車間距離をとり、速度を落として安全な通行利用をお願いします。
下り線渋滞時間
上り線渋滞時間

規制概要

下図のように、車線の幅が狭くなる幅員減少規制を実施します。
「規制区間は本線車線幅が3.5mから3.0mに減少し、規制区間の前後を含め最高速度が50km/hとなりますので、速度や車間距離に注意して、安全な走行をお願いします。
今回の規制に伴い本線車線幅が3.0mに減少しますので、安全走行のため車両幅が2.8mを
超過する特殊車両の運行については迂回の検討をお願いします。

迂回の際、迂回ルートの許可も必要となりますのでご注意ください。

渋滞予測

混雑時間帯を避けたご利用をお願いします。

渋滞予測時間
渋滞予測MAP

工事情報

施工状況

更新日:2021年6月16日
松島高架橋 下り線 走行車線
増厚コンクリートの施工状況
脆弱化したコンクリート床版を補強するため、増厚コンクリートの施工をしています。
Renewal 高速道路が、生まれ変わる。
阪和道を
リニューアルしていきます!
阪和自動車道 和歌山北IC~和歌山南SIC間は、1974年(昭和49年)の開通から47年が経過しています。当該区間の橋梁は、コンクリートの材料として用いる骨材にやむなく海砂を使用したことで、塩害による著しい損傷が発生しています。また、モータリゼーションの発展に伴い大型車の交通量が増加するとともに、規制緩和により車両の総重量が増加する傾向にあり、過酷な環境に置かれています。これまでも定期的に点検を行いながら部分的な補修・補強を繰り返してきましたが、構造物の長期的な安全性や耐久性の確保が困難になりつつあります。そこで、既設橋を撤去し、新たに橋を架け替える抜本的なリニューアル工事を行うことにより、これまでより耐久性のある安全・安心な道路へと生まれ変わります。
工事イメージ

松島高架橋 床版下面コンクリートの剥離

工事内容

橋の架け替え工事

松島高架橋(橋脚番号P5~P10間)において、幅員減少規制により4車線を確保しつつ分割して橋を架け替えます。令和3年度は幅員減少規制①中央分離帯側の橋を架け替えます。和歌山IC周辺では、令和4年度下半期以降も継続して同様の工事を計画中ですので、実施計画が決まり次第、別途お知らせします。

渋滞予測MAP
橋梁架け替え工事イメージ
令和3年5月〜
中国道リニューアル工事に
ついてはこちら